Skip to content

GC-Sは素手で触れることができる安全性

GC-Sは、強アルカリ性の油落とし洗浄液の名称です。

強アルカリ性と聞くと危険などのイメージからGC-Sの取り扱いは専門家でなければならない、このようなイメージを持つ人も多いといえましょう。そもそも、強アルカリ性とは水溶液の濃度(pH)の値が7を超えているものをアルカリ性と呼び、中性はpHの値が7ですから8以上14以下がアルカリ性になり、濃度が14のものを強アルカリ性と呼ばれています。

濃度が高くなることでタンパク質を溶かす作用が高くなるので、洗剤などに使われることが多くその一つがGC-Sと呼ぶ洗浄液です。取り扱いはまったく何も考えることなく使えるわけではありませんが、使用上の注意をしっかり把握した上で使えば、家の中の換気扇の油汚れやガステーブル周辺の汚れなども落とすことができますし、飲食店などでは厨房をはじめ客席にあるエアコンの油汚れなどを落とすこともできます。

なお、GC-Sは素手で触れることができる安全性を持つといわれているのですが、これは非劇物・非毒物としての安全性能であり作業中に口の中に入ったり目に入ったときには速やかに洗い流すなどが欠かせません。ちなみに、アルカリ性だとアルミが腐食することになるのですが、GC-Sはアルカリ性の性質を持ちながらアルミの腐食が起きないため、利用箇所が限定されないなどの特徴もあります。通販サイトでも購入ができるので油汚れで困っているときなど利用されると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *