Skip to content

危険性が低いGC-S

クリーナーには、酸性やアルカリ性そして中性のものがあります。

これらの中でアルカリ性のクリーナーは、金属類に対してダメージが少ないので酸性タイプより使いやすく、中性のもの以上に油系列に対する洗浄力が高いものになります。GC-Sは、アルカリ性のクリーナになります。アルカリ性のものは酸性のクリーナーより安全性が高いものの、アルミ素材の物に対しては強い腐食性が出てしまう点が問題としてあります。例えばアルカリ性のクリーナーでその原液をアルミ素材をつけ置きすると、反応して泡が発生しアルミの部分の色が変わってしまう事になります。

強い洗浄力を求める場合強アルカリ性である事が多くなりますが、アルミ素材のダメージ以外に原液は火傷になってしまう事もあります。GC-Sはアルカリ性のクリーナーになりますが、これらの成分にありがちなアルミ素材に対するダメージが無い作りになっている事が特徴として挙げられます。一般的なアルカリ性クリーナーでは、アルミに対して酸化反応が発生してしまうので物によってはアルミが消えてしまう事があります。しかしGC-Sはアルカリ性でありながらその現役をアルミ素材を洗浄を行っても、アルカリ腐食にならない作りになっています。

火傷にも繋がらないので、ほかのクリーナーより安全性が高いものとなっています。更に従来のアルカリ性クリーナーよりも、鉱物油や植物油に強力に作用していて剥離の効果も強化してあるのも特徴で危険性が低いだけではない製品です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *