Skip to content

GC-Sには色々な効果を期待ができる

GC-Sは素手で触ることもできる、安全性が高い強アルカリ性洗浄液です。

アルカリ性は水溶物の特性を示すもので、phと呼ぶ濃度で区分けが行われています。pHは、ペーハーなどと読むもので日本語では水素イオン指数といった意味があり、その液体が酸性・中性・アルカリ性のいずれかになるのかを示すものです。pHの数値は1から14までになり、7は中性で1~6が酸性、8から14がアルカリ性の性質を持つ水溶液になります。GC-Sは強アルカリ性の洗浄液でpH12の濃度を持つといわれており、濃度だけを見た場合には危険・ヤケドなどのイメージを持つ人も多いといえます。

油汚れなどを落とすことができるGC-Sで、様々な金属にも適用可能です。従来のアルカリ性の洗浄液はアルミに対して強烈な腐食を引き起こすなどからもアルミ素材への利用はできませんでした。しかし、GC-Sはアルミに対してアルカリ腐食を引き起こさないので、使える場所が限られてしまうなどがないのも特徴の一つです。

ちなみに、血液の洗浄効果も期待ができるといわれているのですが、衣類に付着した血液はすぐに洗っても跡が残りやすく今までは捨てるしかないものした。この洗浄機を5倍程度の濃度に薄めてスプレーをする、ブラシを使って軽くこすると血液のシミなどがなくきれいに洗うことができるといいます。また、カビなどの殺菌効果も期待ができるといわれており、通販サイトで買うことができるので用意しておくと良いのではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *