Skip to content

アルファラバルの強み

アルファラバルは熱交換や分離、流体制御のコアテクノロジーを持った企業です。

これらのテクノロジーは殆ど全ての産業にとって重要な役割を演じています。同社はこのような専門分野において、世界トップクラスの地位を占めています。アルファラバルには10の営業部が設置されており、常に顧客サービスの強化が図られます。その営業部は大きく2つのタイプに分けられ、トータルなプロセス部門とコンポーネント部門が存在します。

前者は個々の顧客の課題を把握し素早いソリューションを提供するものです。アルファラバルは世界に50か所の販売拠点を有しており、幅広いネットワークを構築しているのが強みです。アルファラバルは42か所において大規模な製造工場を持っているのも強みの一つです。

全世界には約1万7千人の従業員が働いており、スウェーデンやデンマーク、そしてアメリカなど多岐にわたります。創業者のグスタフ・デ・ラバルは優秀な技術者として知られています。彼は遠心分離機や蒸気タービンなどを発明し、90以上の特許を取得しました。そして、1883年にパートナーのオスカー・ラム・ジュニアと共に同社の前身となるABセパレーター社を設立しています。現在のアルファラバルは3つのコアテクノロジーを基に世界のリーディングカンパニーに昇り詰めています。その研究開発力は高く、つねに新しい製品を世に送り出し続けます。実際、年間総売り上げの約3%を研究開発に当て、年間に25~30種類もの製品を生み出しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *