Skip to content

熱交換器メンテナンスは手順を遵守することが大切

熱交換器メンテナンスはその熱交換器に添付されている説明書の手順に基づいて行うことが必要で、これを誤るとトラブルの原因となってしまうことも少なくありません。熱交換器はそれぞれ方式が異なる場合が多いため、似たような機種であってもメンテナンス方法が異なる場合も多いものです。そのため、取り扱い説明書の内容を熟知し、その手順に従って行うことが重要です。一般的に熱交換器メンテナンスの目的はその機能を維持するとともに、接続する冷却装置の効率も高めることを目的としています。

熱交換器は実質的に冷却装置の中を循環する冷却水に含まれる不純物を除去する機能を果たすため、この不純物を取り除くことも重要なメンテナンス項目となっています。一般的なフィルターを交換することでこれらを除去することになりますが、その手順を誤ると不純物を本体の中に残すことになるため注意をしなければなりません。熱交換器メンテナンスを迅速に行うためには、冷却水の循環を停止させることが最も良い方法ですが、実際には稼働中のシステムを停止させることになるため作業効率などに影響及ぼすこともあり、停止をすることができない場合がほとんどです。そのため、一般的には冷却システムを停止させずにこれらのメンテナンスを行う方法も記載されています。

これらの手順を遵守して熱交換器メンテナンスを行う事は、単純に熱交換器メンテナンスの効率を高めるだけでなく、工場の場合にはその作業効率を高めることにもつながります。熱交換器メンテナンスのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *