Skip to content

熱交換器メンテナンスについて

飲食店などを経営されている方々にとっては、飲物を保存するための冷蔵庫や客席を快適にするクーラーをフル回転させる時期になりましたね。いわゆる業務用の冷蔵庫やクーラーには、大容積を冷やすべく熱交換器というものが用いられています。これは気体が周りの熱を奪って液体に戻るという循環メカニズムを利用したもので、循環系の配管は金属製です。プラスチック製配管でないのは、熱伝導率がより高い金属の方が熱交換に有利なためでもあります。

しかし金属製のため、多少なりともさびが発生します。配管内にさびが増えると、液体のい流れが悪くなり、結果熱交換器の効率が下がりますし、外部までさびが進行すると、配管から液体が漏れ出す恐れがあります。冷却効率が下がらないよう、熱交換器メンテナンスは定期的に行っておくことをお勧めします。なお、さびなら金属製の先が平たいドライバなどで自分で削り取ればよいとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、配管内部にこびりついているさびの除去作業は難しいですし、配管を専用の工具などで一取り外す際には配管を破損させてしまう恐れもあります。

また、保護具の用意や作業後の清掃などとても大変ですので、熱交換器メンテナンスは製造メーカに、まず相談してみましょう。対応までに時間がかかる場合は、熱交換器メンテナンス専門業者にあたってみるのもお勧めです。お金は大事ですが、店舗の安全、安心と秤にかけてお考えになれば、決して無駄にはならないと思います。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *