Skip to content

熱交換器メンテナンスのデメリットを解消する

熱交換器メンテナンスは、プレートを外して洗浄をするなど、作業に時間がかかるため、工場を停止しなければならない時間が増え、稼働率に影響する場合があります。定期的に行わなければならない作業とはいえ、繁忙期に熱交換器メンテナンスを行う場合には、プレートを入れ替えるサービスを利用することでメンテナンスにかかる時間を大幅に短縮し、稼働時間を減らさずに済みます。また、プレートを入れ替えることで洗浄や解放・組み立ての時間が減るため、外注の作業時間コストや大掛かりなメンテナンスの場合に必要な作業員の宿泊費なども削減することができるメリットがあります。熱交換器メンテナンスでデメリットとなるのは、作業の際の安全性です。

設置する場所や空気の流れによりますが、熱交換器のプレートには頑固な汚れが付く場合が多く、洗浄するためにはやけどや失明の危険が伴う強酸の洗浄液を使用する必要も出てきます。不慣れな人が作業すると時間がかかるだけでなく、けがのリスクもあり、汚れがきれいに落ちずに性能が低下するなど、工場全体の作業効率にも影響する場合があります。自社で熱交換器メンテナンスを行うには不安があり、工場での安全性を確保するためには、購入機材の定期メンテナンス契約をすることが効果的です。熱交換器のメーカーであれば、機器の破損や性能低下に至る予兆を察知し、適切な予防措置や部品交換をすることができるので、大規模な稼働時間ロスを防ぐことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *