Skip to content

工場などでの熱回収システム

熱回収システムとは、燃焼などにより生じた熱をそのまま捨ててしまわずに何とか別の形で再利用しようとするものです。熱回収の対象になるものとは燃焼後の空気のほか、工程で生じた熱水、温水なども含まれます。このような場合に熱回収をするにはどうすればよいでしょうか。もちろん実際の物質は何なのかとか、具体的に温度はどれくらいのものなのかによっても変わってくる点は多いでしょうが、原理的には単純です。

要は熱を持った物質と、代わりに熱を与えたい物質とを薄い仕切りを介して接触させ、熱いものから冷たいものへと熱が移動するように仕向けてやるだけのことです。300度に熱せられた空気を無駄に捨てる代わりに温水を作りたいという場合に、その空気をパイプ内に通しつつパイプ周囲を水で埋めてやれば空気は冷えるとともに水は温められるという、非常に分かりやすい話です。もちろんせっかく作った温水が有用なものである必要はあります。別に温水などいらないのにという場合にこんなことをしても意味はありません。

その工場内で温水が必要だという場合にこそ威力を発揮するのです。ただし、常に温水をそのまま使わなければならないわけではありません。水をさらに加熱することができればついには沸騰し、水蒸気にすることができます。するとタービンを回すなどの仕事をさせることができ、発電させることも可能になるでしょう。

原理的には火力発電と全く同じことが行えるのです。排熱利用のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *