Skip to content

エアコンに利用されている熱交換器の仕組みについて

部屋の中を快適な温度に保ってくれるエアコンの内部には熱交換器が利用されています。エコキュートなどの給湯設備にも熱交換器が採用されていますが、エアコンの内部での役割がどのようになっているのか雑学として覚えておくと熱交換器の仕組みについての理解力が深まるなどお勧めです。スイッチを入れるだけで部屋の中を涼しくしてくれる、冬場は部屋の中を温めてくれるエアコンですが、エアコンには室内機と室外機の2つが組み合わさり、室温のコントロールを行っています。部屋の中に設置するのが室内機ですが、内部には色々な部品が入っています。

エアコンの主な機能を持つものとしてフィルター、クロスフローファン、そして熱を交換するための設備の3つがあり、フィルターは空気が室内機に吸い込まれる時、室内の埃などを除去する役割を持ちます。埃を含めて吸い込んでしまうと内部が汚れてしまうなどからもフィルターは必須の設備、定期的な清掃を行う事がエアコン内部をきれいな状態を保つ秘訣に繋がります。熱交換器は室内機に取り込んだ空気を冷たくしたり、温めるための設備、設備の大半部分は薄いアルミ板で構成が行われており、複数のアルミ板が並べて設置してあり、アルミ板には多数の凹凸を設けており、空気に触れる面積を大きくしているのが特徴です。風を作り出している部品の事をクロスフローファンと呼び、これら3つの設備がある事で室内を冷やす、もしくは温める事が出来るようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *