Skip to content

排熱利用で無駄のない経営を

エネルギーの多くは熱として現れ、様々な恩恵をもたらしてくれます。にもかかわらず意外と無駄にしてしまいがちなのも熱エネルギーの特徴です。たとえば廃液が熱せられたまま下水へ流れてしまう工場も珍しくありません。化学分野だけでなく食品にも同様の事例が多発しており、目に見えないコストの浪費となっています。

ここに排熱利用を取り入れれば業務をより効率化することが可能です。経済産業省の試算によれば、本来利用できる熱エネルギーは年間1兆キロワットにも上るとされています。これを改めて活用することはコストダウンだけでなく環境への取り組みをアピールする際にも有効です。まさに排熱利用は名実ともに企業の名を向上させる絶好の機会といえます。

何かと厳しい視線が投げかけられる昨今、少しでも評判を高められるチャンスを逃すべきではありません。具体的な活用例としては廃液の熱を転用して乾燥に利用することなどがあげられます。また約300度の熱を電力に変換する取り組みも進められており、排熱利用は極めて有望です。もちろん専門機器の導入は不可欠で詳しい技術者の手を借りることも求められます。

排熱利用に特化した製品を取り扱う企業も増えていますので、まずはアドバイスを求めるべきです。公共放送の報道番組でも取り上げられるなど注目度は年々上昇しています。人気が出れば順番待ちになることも考えられますから、排熱利用は早期のプランニングが肝心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *