Skip to content

熱回収システムの重要性

工場にはボイラー設備はボイラーで水を熱水、蒸気へと温めて、いろんな設備を動かしたりします。そして、その使われた蒸気は熱水に戻っていきます。ボイラー設備の燃料は都市ガス、石炭、軽油など様々ですが、燃やされた熱エネルギーは炎から水へと移っていきます。一部は排ガスとなって大気へと放出され、熱水はそのまま水となって排水されます。

石炭、都市ガスなどのエネルギーはガス、熱水に移っていったのですが、ガス、水を捨ててしまってはエネルギーを捨ててしまうことになります。捨ててしまうエネルギーを無駄にしないためのシステムとしてあるのが熱回収システム、装置です。捨ててしまうだけの熱排水、熱排気ガスの熱をつかって水を温めるのです。そのままの水は20度以下です。

20度以下の水を100度以上にするまで熱するにはかなりのエネルギーを必要とします。熱回収システムでは20度の水を排熱、排気ガスで温めます。捨ててしまう熱エネルギーを少しでも利用することができるのです。100パーセント熱交換、熱回収することは不可能ですが、システムの効果としては利用する石炭、都市ガスの低減ですが、地球温暖化ガスの排出量低減に大きな効果が期待できます。

省エネというと太陽光発電と考えますが、熱回収システムをうまく利用することで太陽光発電システムよりも大きな効果が期待できます。熱交換器は簡単な仕組みです。定期的なメンテナンスをすれば長期間利用することできる簡単な省エネシステムになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *