Skip to content

エアコンや給湯器に利用されているヒートポンプ

ヒートポンプとは、少ないエネルギーで、熱を低温部分から高温部分へ移動させる技術のことを指します。地球上の太陽熱や空気熱、地中熱等の様々な熱を利用し、膨張・圧縮させて少ない熱を増幅させて外部に送り出すことで、お湯を作り出したり、冷房・暖房に利用しています。日本では、エアコン等の空気熱ヒートポンプを利用して空気の温度調整を行うことが多いですが、ヨーロッパでは、空気熱と地中熱を利用したヒートポンプで給湯や空気の温度調整を行うことが主流になっています。また、その他にも、冷蔵庫やエコキュート等に利用されています。

更に、メリットを最も生かせるエアコンや給湯器は、オフィスビルや病院等の施設では必ずと言えるほど設置されています。こういった利用者が多い場所では光熱費も高くなる為、ヒートポンプ式にすることで光熱費を抑えることができるのです。そんな便利なものにもデメリットはあり、寒冷地ではその効果が薄いです。外気から室外機を通して熱を奪い、コンプレッサーで圧力を加えて熱い空気を室内へ送るため、室外から空気熱を奪う時に結露してしまいます。

この水が氷となり、室外の熱交換器に付着してしまうので、氷が断熱材の代わりになってしまい、外気の熱を取り入れることが難しくなってしまいます。このように、ヒートポンプは暖房機や給湯器等の様々な器具で利用されています。光熱費を抑えるメリットも大きいので、これから更なる注目を集めると予測できます。日阪のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *