Skip to content

現代社会に欠かせないヒートポンプ

ヒートポンプとは、電力やガスをエネルギー源として、小さなエネルギーから熱エネルギーを増幅させて移動させる技術のことです。利用されている範囲は現代において幅広く、温度や気温に変化を与える機器の大半にこの技術が生かされています。身の回りの物で例を挙げると、エアコンや床暖房、冷蔵庫などがあります。業務用の機器も同様なので、社会全体への影響力は高いと言えます。

ここまで利用されるようになった背景としては近年の地球温暖化への関心が高くなったことが関係しています。元々ヒートポンプは、この技術以外に実用的な手段が乏しいという理由で空気を冷やす目的で機器に導入されてきました。しかしながら、ヒートポンプは消費エネルギーよりも生み出す熱エネルギーが大きく省エネルギー化に向いているため、床暖房や給湯機に用いられることが増えています。ヒートポンプは「圧縮すると温度が上がる」という空気の性質を冷媒というガスに利用し、外部の空気の熱を集めることによって成り立っています。

エアコンに例えてみますと、室内の熱を集めて室外機によって外部に熱を逃がし、熱を失った空気を再度室内に放つことによって「冷房」となります。また、外部の空気を取り込み熱を集めて室内に放つことによって「暖房」となります。メリットとしては空気を冷やすだけでなく暖かくすることもできる使い勝手の良さ、排出する二酸化炭素の少なさ、エネルギー効率の良さが挙げられます。しかしながら、デメリットとして気温0度以下の寒冷地では空気から熱を集めることができないため使用が難しい点と使われている冷媒が歴史的に見ても地球に悪影響を与える物質であるため取り扱いに注意が必要な点です。

現状の冷媒はオゾン層を破壊する問題を抱えたフロンの代わりに、代替フロンが使われていますがこの代替フロンも温室効果ガスにあたります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *