Skip to content

損失を出す前のスケール除去

配管内でたまり続ける堆積物の原因のほとんどがスケールによるものです。蓄積されたスケールが配管を徐々に閉塞させ、流れを妨げ、詰まりや逆流の原因を作ります。いったん付着して硬くなったスケール除去は非常に困難を極めます。スケールをほっておくとガラスや鏡面にこびりついて石灰化したり、機械基金の故障の現認になるさびや腐食を引き起こします。

スケールによる障害は工場では生産ラインを停止させたり、食品加工や飲食店では衛生面を低下させ、調理器具のを腐食させたり動作不良の原因になったりします。地下水をくみ上げて利用する温浴施設などでは、配管内にたまったスケールが原因でポンプやボイラの性能が低下し、悪化した燃料効率が高コストの原因になります。スケール除去は工場現場をはじめ、各施設様々な装置を導入したり化学的処理を施すことによって対策しています。施設の規模にもよりますが、装置の導入やそれに伴う消毒などが必要な場合、さらにコスト的負担が大きくなります。

食品加工施設などにおいては調理器具の、温浴施設においては浴室や浴槽内の除菌も併せて対策する必要があります。スケール除去剤を始め装置によるスケールの発生を抑えるためには、人体に及ぶ健康被害を考慮して、保護具なども準備しなくてはなりません。いったん付着したスケールはカルシウム分などの影響で非常に固くなります。スケールが付着する前に、日常のメンテナンスや清掃などで、スケール発生を抑えるためのこまめな対策も必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *