Skip to content

マルチサイクロンの用途や方式・特長について

マルチサイクロンとは、小型のサイクロンを複数並列にした装置の事を指します。サイクロンは小型のものほど圧力損失が少なく効率が良い傾向にあり、並列式でパワーを確保する事で大規模な装置としても適用出来るようにしたものと捉えられます。マルチサイクロンの用途は集塵装置としての空気中のダストの回収であり、単純にダストを多く含む空気の浄化から、特定の設備内の排気の浄化・引火性のあるダストの回収にまで幅広くなっています。稼動において火気を用いない事が、用途の広さの理由の1つとなっています。

産業用の機器としては、生産物の品質の維持・法令上の排気基準の維持・環境負荷の軽減等の観点から、欠かせない設備となっています。またマルチサイクロンは集塵装置としては、遠心力式と呼ばれる方式に該当します。この方式の設備は比較的価格を抑えられる事がその特長の1つであり、機器を並列させるマルチサイクロンであってもある程度の費用までに抑える事が出来るので、大型で高効率のものも導入し易いというメリットがあります。単体で設置すると出力が上昇した際に塵を逆に飛散させてしまう可能性がある方式ですが、マルチサイクロンでは飛散しようとする塵を隣接するサイクロンが補完して吸収する為に、高速での運用がし易くなっています。

一部に不調があった際にも他が補完するというメリットがあり、24時間稼動といった長時間使用にも向き易いという利点が得られます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *