Skip to content

マルチサイクロンは効率の良い集塵装置です

多数の小さな渦巻き型の筒を持つマルチサイクロンは高効率の機械式集塵装置として幅広い分野に納入されています。原理としては渦巻き型の筒内で発生する渦流を利用してガスとダストを分離しガスは煙突を通して大気放出され、ダストは集塵機内で回収されます。又サイクロンその物は厚い鋳物で出来て居り、ダストによる摩耗に対しても十分過ぎる位の寿命が有ります。従って長寿命型の集塵装置として評価されています。

一方ダストとしては比較的大きな形状の物が捕集しやすく、木屑焚きボイラーに於いてはマルチサイクロンが略標準装備されています。2番目は都市ごみ用の焼却炉です。木屑炊きボイラーと同じ様にガス中のダスト形状が大きく高性能が期待出来る為で、地方の中規模の都市ごみ焼却炉には沢山のマルチサイクロンが設置されています。更に機械式集塵装置の為内部の構造が比較的簡単で定修工事時の分解点検、部品交換が簡単にできます。

従って現場のメンテナンスを担当する部門からも強いサポートを貰って居り、納入実績の多い理由の一つになっています。日本と同じように合板工場を沢山持つ東南アジア諸国には日本製の合板製造プラントが輸出されています。その為木屑焚きボイラープラントにも日本と同じようなマルチサイクロンが採用されています。近年現地での環境規制が厳しくなってきていますが、マルチサイクロンの出口排出濃度は現地の規制値以下で有り、依然として現在でも使用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *