Skip to content

集塵効率に優れコストダウンを図れるマルチサイクロン

マルチサイクロンとは、小型サイクロンを2基以上、並列にしたもので、強力な旋回気流を発生させて粒子を分離させる遠心力式集塵装置です。マルチクロンと呼ばれることもあります。遠心力だけで水の中の汚れを分離することができるので、水より比重のある汚れを簡単に取り除くことが可能です。ボイラーの煙道ガスに含まれる飛散灰の除去等、クーリングタワーやエバコン等の循環水や、砂ろ過装置の前処理等の様々な場面で水環境を改善してくれています。

メインフィルターへ入る汚れや異物の約8割を除去することが可能で、節水やメインフィルターのメンテナンスの省略化に役立ちます。また、分離した異物を洗い流す際に使用するドレン水量も節約できます。フィルターが無い為、交換機器やポンプを停止する必要もありません。更に、ろ過材を使用しない為、ろ過材の洗浄や交換が不要というメリットもあります。

そして、機械式のサイクロン集塵機は、小さければ小さいほど集塵効率が優れている為、大きな処理ガス量に対しては、複数の小型サイクロンを並列にして使用することで、圧力損失はほとんど変わらず、結果的に効率を上げることに繋がります。小型なので設置スペースもあまり取らずにコンパクトで、常に高い集塵効率が得られるのが魅力です。ファンネル取付構造により、装置内でのダスト付着や堆積が起きることも少なく、ダクトワークが簡単なのでコストを抑えることができます。このように、マルチサイクロンを導入することで集塵効率の向上が望め、コストを削減することが可能となります。

そのため、マルチサイクロンはこれからますます注目を集めると予測されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *