Skip to content

スウェーデンが発祥のアルファラバル

アルファラバルは、スウェーデンが発祥として産業用のタービンを主に製造していたメーカーで、現在でもタービンを始め熱交換器やボイラー、バーナー、遠心分離機など様々な機械を製造しています。1882年にグスタフ・ド・ラバルが蒸気タービンを製造しアルファラバルが設立され、現在でも日本法人も存在するほどで、幅広い産業にも見受けられます。もっとも現在はタービン技術を応用した熱交換器に定評があり、熱交換する上での熱効率が優れ、世界初のプレート式の熱交換器を開発したメーカーです。このプレート式熱交換器は、場所を取らずにコンパクトにまとまる、しかも低価格で低圧力損失設計を実現している特徴があり、大量生産にも馴染んでいます。

他にも軽量化を実現しているなどメリットも多いです。アルファラバル製は製造工場からプラント施設などの場面でも多く活躍しており、この製品があったから多くの分野の産業の発展に貢献したということもできます。アルファラバル社では、開発から製造までを一貫して行える体制が整っており、開発工程ではコンピューターによる形状設計から始まり、プレス加工、品質管理、伝熱板のプレス、金属疲労試験、耐圧気圧試験など各種試験を行い製品として納める形になります。この試験を行いデータ化することでメンテナンスや次作の開発にも繋げることもでき、それによる品質の向上にも寄与しています。

従って数ある熱交換器の製造メーカーでも品質に拘る場合には、選択されることも多いメーカーとなり、多くの顧客にも支持されている熱交換機メーカーです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *