Skip to content

化学薬品製造工程におけるろ過器

液体ポリマーや有機溶剤を含む液体樹脂など、熱硬化型成型プラスティックの原材料になる製品はその最終工程までに、数回のろ過工程を得て製品なります。出荷前の純度の高い液体は、さらに緻密なメッシュのろ過器を経過することで、より純度の高い製品として出荷されます。一般的にストレーナーと呼ばれる、一見ろ過器と同様の仕組みの装置があります。こちらは液体内の異物の除去を目的としており、製品の清浄性は高まりません。

ストレーナーは主に配管内を通るゲル物質を除去し、電磁弁やボールバルブに原料が付着するのを防止する採用があり、ストレーナーを通り抜けた液体はさらに次工程のろ過工程を通り生成されます。生成された液体の最終段階では、ストレーナー内部にはミクロン単位の小さいメッシュが使用され、最終的にろ過器を通って出荷される荷姿に充填されます。成型後の透明度が高い物質ほどろ過工程の回数が上がり、粘度も下がります。逆に粘度の高い製品は過熱されて粘度を落としてろ過器を通るため、作業後には設備内での硬化を防止する溶剤で洗浄を行う必要があります。

一般的な溶剤は熱可塑性の物質ですが、一部熱硬化性の物質の製品もあり、この場合硬化する際に高温を発するために、配管やろ過器を冷却する設備が設けられています。製品として出荷されたものは原料として投入され、各製品を成型する段階においてろ過され、色素や効果を促進する物質を投入されて製品として成形されていきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *