Skip to content

水道水をおいしい水にしてくれるろ過器

水は生物の生命維持に欠かすことのできないものです。日本の水道水は「水道法」によって高い品質が守られています。ですので、日本の水道水は直に飲んでも安全面で問題はないとされていますが、まったく不満がないといえばそうでもないでしょう。というのは、通常の浄水処理ではすべての不純物を取り除くことは難しいからです。

そのためカルキ臭や生臭さを感じることは少なくないでしょう。とくに都会では顕著なようです。ろ過器を利用することで家庭の水道水をおいしい水に変えることができます。現在では全体の家庭の約4割がろ過器を使用しているといわれています。

水は料理やお米とぎなど毎日必要なものですから、できればおいしいお水を利用したいと考えている人が多いようです。ろ過器には活性炭や中空糸膜などがろ材として使用されており、これらが水道水に残っている不純物をとりのぞきます。ろ過器の種類には据え置き型や蛇口直結型、アンダーシンク型、ポット型、蛇口一体型などがあり、それぞれ特徴が違っているので、浄水能力やコストなどよく吟味して選ぶようにするといいでしょう。ろ過器はメリットも大きいですが、少なからずデメリットも存在します。

定期的なお手入れが必要なこと、塩素が取り除かれるので長期間の保存ができないこと、などです。ですが水は生活に深く関わってくるものなので、綺麗な水にこだわりたい、という人であれば利用してみることをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *