セルフカットにおすすめの電気バリカン - 電気バリカンを選ぶ時の注意点
  • セルフカットにおすすめの電気バリカン

    子どもの髪の毛や美容室から帰ってきて気に入らない部分をセルフカットするのに、ハサミは細かく調整できますが、手間がかかるうえ一気にやると前髪がパッツンとなってしまいます。

    長さの調節をしながら不自然にならないようカットできる電気バリカンは、小型で取り回しも良く1家に1台あると便利です。

    待望の電気バリカンが広く知れ渡ってきました。

    主にツーブロックやソフトモヒカン、五分刈りや坊主などに利用され、慣れると1人でも仕上げることができることから、老若男女で使われています。

    電気バリカンには充電式、交流充電式、乾電池式の3つのタイプがあり、これらの中からどれが良いか迷うかもしれませんが、重要なのは給電の方法ではなく、フル充電で何分使い続けられるかでしょう。



    坊主にするならまだしも、納得のいく髪型にするには、それなりの時間が必要になってくるので、充電を繰り返さず1度で済ませることができるものを選びたいところです。セルフカットだけではありませんが、髪の毛をカットする際は、全体のバランスを見ながら少しずつ短くしていくのがセオリーとなっています。



    失敗すれば髪の毛が伸びるまで取り戻すことができないため、イメージ通りに仕上げるなら一定の長さでカットできるアタッチメントが多く付属しているものを選びます。


    最も問題となるのは電気バリカンを使用した後に、細かくなった髪の毛や皮脂によって汚れてしまうことです。

    放置すると故障の原因にもなるので、毎回お手入れをする必要があります。防水タイプなら本体ごと丸洗いができるので、特にこだわりがなければそちらを選択しましょう。